オベル加藤(ナット)研へようこそ

オベル加藤研究室ではblack-box最適化、人工生命、分子ロボティクスにおける各分野から、それぞれ分野を組み合わせた研究までを幅広く行なっています。

分子ロボティクスとは、その名前が示す通り分子レベルのロボットを扱う分野です。この分野における主な課題は分子や分子同士の相互作用を考え、ロボットのあらゆる要素(構造、推進方法、信号方式、コントローラーなど)を設計することです。

このような分子システムの動作には、複雑で非線形なメカニズムが関与するため、手作業で分子システムを設計することは困難であり時間がかかります。私たちは手作業の代わりに、進化的戦略といったblack-box最適化アプローチを用い、自動的にロボットの適切なコントローラーを設計することを試みています。さらには、black-box最適化アルゴリズム自体の設計と設計したアルゴリズムを実世界の問題に適用することを試みています。

最後に生命を模したシステムを創造する研究分野である人工生命分野においては、前に述べた分子システムから抽象的な分野まで広い範囲での興味深い課題に取り組んでいます。

詳細については プロジェクトページ をご覧ください。

Molecular robotics

The field of molecular robotics is particularly active in Japan, with multiple research events organized throughout the year. Members of the lab are encouraged to join.

Learn More

Code repositories

The java code for the simulation and optimization of molecular systems is available on BitBucket.

Access

Lab retreat

Every year, the lab and collaborators meet to present their recent research and exchange ideas. Location changes every year.

2019 program